作品概要

懺悔する飲んだくれ》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1623年から1623年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「懺悔する飲んだくれ」は宴会を楽しむ人々を描いた作品である。笑顔で品の良い服を着た女性が作品の中央に配置され、右手の人差し指を上に向けている。

女性の肩を掴み耳元でささやく男性が一人、また二人の会話を楽しげに聞いている男性が女性に寄りかかった姿で描かれている。これはバロックの演劇の一コマと称する評論家もいる。背景には談笑している人々が描かれている。

ここにいる女性はハルスが描いた女性の中でも一番明るい色彩の服装を着ていて、その顔はハルスが描いた「ランプ氏の息子とその恋人の肖像画」にとても良く似ている事から、現在ではこの絵は風俗画の一作品で、ハルスが生きていた当時の日常の一コマを描いた物として考えられている。

1989年に行なわれたフランスハルス国際展示会でこの作品を色付でカタログに収めたすライブは「ハルスが人生をこよなく愛している様子を表している」と記述している。

《懺悔する飲んだくれ》の基本情報

  • 制作者:フランス・ハルス
  • 作品名:懺悔する飲んだくれ
  • 制作年:1623年-1623年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:131cm
  • 横幅:100cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部