作品概要

聖アドレアン民兵隊幹部》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1633年から1633年で、フランスハルス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1633年に描かれた聖アドレアン民兵隊幹部の肖像画は、フランス・ハルス美術館の主要作品の一つと見なされている。

1627年に描かれた「聖アドレアン民兵隊の宴会」でオランダの国旗の色調に合わせた服を着て着席している物と違い、ここでは中庭でそれぞれの帯の色で職位を示している:青い帯/白い帯を身につけた民兵が軍旗を持って描かれており、それぞれに武器を持っている。矛を持つ上官とスピゴットトゥーンズを持つ下士官とでさらに職位を区別している。

当時ハールレムでは評議会で3年間民兵として勤める人々を選出していたが、この絵画は無事任務を終了した民兵の様子を描いている。それぞれの兵士は名前が分かる程各人の特徴を見事に描いている。

現在この作品の複製がハールレムの元市議室で、今は公立図書館となっている場所にも展示されている。

《聖アドレアン民兵隊幹部》の基本情報

  • 制作者:フランス・ハルス
  • 作品名:聖アドレアン民兵隊幹部
  • 制作年:1633年-1633年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:フランスハルス美術館
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:207cm
  • 横幅:337cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部