作品概要

ピーケル・ハーリングの肖像画》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1628年から1628年で、シュロスヴィルヘルムスヘーエ美術館に所蔵されている。

PeeckelhaeringhもしくはPekelharingは古代オランダ語で「にしんの酢漬け」を意味する。現在では「道化師」として知られ、ハルスの描いた数多くの風俗画の一つである。

17世紀の喜劇役者だったピーケルハーリング氏は、後に地元の版画家ヨナス・スィデルホフも「ピーケルハーリング氏の口元がいつも濡れていたのは、常に喉が乾いていたので、入れたてのビールをたいそう好んで飲んでいたからだ」という詩を書き込んだ版画を作製している。

ハルスは腰までの肖像画を描いた。焦げ茶色に塗った笑い顔のピーケルハーリングは右方向に向いた姿で、少し顔を左側に傾けて聴衆を見つめている。薄いひげを伸ばし、乱れた髪の毛は平たい黄色い縁取りのついた赤い帽子からはみ出ている。左手には、蓋のあいたビールジョッキを手にしている。ジョッキの右上には「f.hals. f.」と署名されている。

この絵画はしばしオランダのライデン市の画家、ヤン・ステーンが所有していた。彼の作品、例えば「医者の訪問」や「年寄りが歌えば、子供達も歌う」にも背景にこの絵が壁に掛けられた状態で描かれている。

《ピーケル・ハーリングの肖像画》の基本情報

  • 制作者:フランス・ハルス
  • 作品名:ピーケル・ハーリングの肖像画
  • 制作年:1628年-1650年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:シュロスヴィルヘルムスヘーエ美術館
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:75cm
  • 横幅:61.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部