作品概要

リュートを弾く道化師》は、画家のフランス・ハルスによって描かれた作品。制作年は1623年から1623年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

「リュートを弾く道化師」は微笑みを浮かべた俳優が道化師の衣装を着てリュートを演奏している姿を描いている。

上半身を描いたこの作品での男は黄色で縁取りされた赤い衣装を着て上体を前に向けている。長髪で、赤と黄色の帽子を被っており、顔の表情が良く見える様に配置されている。左手にマンドリンの柄を持ち、右手で弦に触れていて、とても巧みに演奏をしているかのように描いている。ここで明記すべき点は対照的な肌の色、衣装の赤や黄色、そして目の反射である。絵画の上部右側にF. H. と署名されている。

 上半身のリュート演奏者は絵画の題材としてイタリアで発祥し、そしてオランダの画家ディルク・ファン・バビューレンが1622年に初めてオランダの北部でこのテーマを描いた。バビューレンのリュート奏者は歌を歌っているため口を開けて、リュートを正面に描いたものであった。

ハルスの描いたリュート奏者はまるで、歌手の為に伴奏、あるいは他に演奏者がいるかの様に視線は上を向き、自然な笑顔になっている。この作品はハルスの緩く、自由自在な筆運びの良い作品例となっている。

《リュートを弾く道化師》の基本情報

  • 制作者:フランス・ハルス
  • 作品名:リュートを弾く道化師
  • 制作年:1623年-1624年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ルーブル美術館
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:70cm
  • 横幅:62cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部