作品概要

オリーブの林》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、MoMAに所蔵されている。

ヴィンセント・ファン・ゴッホはオリーブの木を題材とした作品を少なくとも18作品描き、その内おおむねは1889年にフランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスで描かれたものである。

彼自身の意思により、ゴッホは1889年5月から1890年5月までを現地にあった精神病院の施設にて暮らし、施設内の庭を描いたり、また施設の外壁の外に出る許可が下りた際には、近くのオリーブの木々や、ヒノキ、小麦畑を描いたりした。その内の一つである《オリーブの林》は、名作《星月夜》を補う作品である。

オリーブの木を描いた作品はゴッホにとって特別な意味がある。1889年5月に描かれた作品たちは、人生、神聖的な生き方を表すものであり、その彼の強い思想は1889年11月以降、キリストのゲッセマネの祈り(イエス・キリストがエルサレムにあるオリーブ山のふもとゲッセマネで十字架に処せられる前夜に祈った祈り)に対する彼の象徴的な想いへと起因した。オリーブを採る人々を描いた作品は人間と自然の関係性を、人生、作物の収穫期、または死を描写することで表している。

また、人それぞれが自然とのふれあいを通して神と繋がることができる、ということを例えたものでもある。ゴッホは自然とのふれあいの中で、休息や安堵を得ることができた。オリーブの木を描いた作品たちが描かれた1889年、ゴッホは病気や感情的な混乱を題材にしていたが、それでも描かれた作品は非常に素晴らしいものである。

《オリーブの林》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:オリーブの林
  • 制作年:1889年-1889年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:MoMA
  • 種類:油彩
  • 高さ:92cm
  • 横幅:72.5cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部