作品概要

マルセル・ランデール嬢、胸像》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

マルセル・ランデール(1862-1926)は16歳から女優として活躍し、この絵に描かれた33歳頃はヴァリエテ座で上演されたエルヴェのオペレッタ『シルペリック』に出演していました。

見事なファンダンゴやボレロで観衆を大いに魅了して大当たりし、公演は100回にも及びます。ロートレックもすっかり夢中になって彼女を目当てに劇場へ通いつめ、結局20回以上もこの舞台を観たのだそうです。もっとも彼が夢中になっていたのは彼女の背中で(笑)、「僕はランデールの背中を見る為に通ってる。それに注目していると、これほど素晴らしいものは他にないんだと気付くんだ」なんて語っていたそうです。

実際にこの作品とは別に、ボレロを踊る彼女の後ろ姿を版画で作品にしています。

 

 

《マルセル・ランデール嬢、胸像》の基本情報

  • 制作者:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名:マルセル・ランデール嬢、胸像
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部