作品概要

アトリエ》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1927年から1927年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

「アトリエ」は総合的キュビズムの時代の作品であり、1928年に制作された。総合的キュビズムでは、分解された対象を平面的に再構築する。単調な色彩の分析的キュビズムとは異なり、装飾的で色彩豊かである。作品では、左側に彫刻の胸像、右側に全身の肖像画が、鮮やかな色彩で描かれている。

胸像には、3つの目が描かれている。3つの目をもつ胸像は、ピカソ個人と芸術作品との一体感・同一性を反映していると考えられる。作品の胸像や肖像画は、非常に簡略化されている。簡略化された姿にて人間を芸術的に描写することで、現実世界から少し離れた環境下に対象を置いた。ピカソは、いずれの作風であっても作品制作に際して、現実と幻想の相互作用を主題としていた。

作品を通して、人的交流や男女間の関係について表現されていると解釈できる。一方で、見る側に対して、対象の現実性を解釈することを委ねているとも考えられる。

また、ピカソは1927年から1929年に掛けて、ピカソは、アトリエを主題とした作品を精力的に制作した。例えば、1927年冬から1928年に制作された「アトリエ」は、ニューヨーク近代美術館にて保管されている。現在、「アトリエ」は、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(アメリカ・ニューヨーク州)にて展示されている。

《アトリエ》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:アトリエ
  • 制作年:1927年-1927年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ソロモン・R・グッゲンハイム美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:161cm
  • 横幅:129.9cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部