作品概要

バベルの塔》は、画家のピーデル・ブリューゲルによって描かれた作品。制作年は1563年から1563年で、美術史美術館に所蔵されている。

「バベルの塔」は1563年に制作されたブリューゲルの代表傑作といえる。作品では、旧約聖書「創世記 第11章」が主題となり、地上にいる単一言語を話す単一民族「人間」によりバベルの塔が建設される場面が描かれている。

旧約聖書の伝説の塔

バベルの塔は、旧約聖書「創世記 第11章」に記されている伝説の塔である。ブリューゲルは、古代ローマ帝政期の円形競技場であるコロッセオ(コロシアム)をモデルにして、バベルの塔を描いた。

バベルの塔は、傲慢、迫害、混乱の象徴とされる。塔はアーチ建築であり、アーチは傾斜する地面と垂直に建設されている。らせん状にそびえ立つ塔は不安定であり、なかには、崩壊しているアーチもある。

また、塔の基盤となる下層部が未完成である一方で、上層部の建設が始められている。それ故、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」と表現する。キャンバス左下には、灰色のマントを身に纏ったニムロデ王が描かれている。ニムロデは旧約聖書に登場し、人間に対してバベルの塔の建設を指示したとされる。

2点存在する作品

なお、ブリューゲル作「バベルの塔」は2点存在する。他作品は、「小バベルの塔」(ボイマンズ・ヴァン・ベーニンゲン美術館にて保管)となる。黒色顔料を用いて、1563年に制作された。綿密な描写が、特徴的な作品である。

「バベルの塔」を描いた後、「小バベルの塔」を描いたと考えられている。現在、「バベルの塔」は美術史美術館(オーストリア・ウィーン)にて展示されている。

《バベルの塔》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・ブリューゲル
  • 作品名:バベルの塔
  • 制作年:1563年-1563年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:美術史美術館
  • 種類:油彩パネル画
  • 高さ:114cm
  • 横幅:155cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部