作品概要

死の勝利》は、画家のピーデル・ブリューゲルによって描かれた作品。制作年は1562年から1562年で、プラド美術館に所蔵されている。

「死の勝利」は、パネル画(一枚あるいは組み合わされた数枚の木製パネル上に描かれた絵画)であり、1562年に制作された。作品の主題は、16世紀半ばの日常風景である。骨と皮になるまで痩せ細り、骸骨のようになった兵士が戦う様子が描かれている。

農民、兵士、王やカトリックの枢機卿、貴族など様々な社会的地位の人物は殺戮され、荒廃した土地には多くの死体が転がっている。遠くでは火の手が上がり、丘の上には、葉が落ちて剥き出しになった木がある。海には、多数の難破船が確認できる。生き延びた人々は骸骨のようであり、恐れをなして逃げている。報復を試みる者もいるが、失敗に終わっている。

キャンバス左下には、骸骨のような人物が、荷馬車で沢山の頭蓋骨を運んでいる。男性は荷馬車の車輪に轢かれ、女性は紡錘(紡績機の糸を巻き取る軸)と糸巻棒を手に握り、荷馬車の通り道に倒れている。中性ヨーロッパにて、紡錘と糸巻棒は、命のはかなさを象徴する物とされていた。その女性の下には、カトリックの枢機卿が描かれている。枢機卿は、赤い帽子を被った骸骨に助けられている。

一方、その隣では、王が殺され、樽いっぱいの金貨や銀貨を略奪されている。左上隅では、骸骨のような人物が、世界の終わりを知らせるように鐘を鳴らしている。中央には、馬に乗った骸骨のような人物が大鎌で群衆に襲い掛かり、群衆は十字架のある茶色の棺まで追いやられている。中央下には、飢えた犬に顔をかじられる子供が描かれている。

一方で、キャンバス右下にはリュートを弾く男性と穏やかに歌う女性が描かれている。ブリューゲルは、骸骨のような人物を描写することによって人間の幸福を風刺している。また、「叛逆天使の堕落」「悪女フリート」「死の勝利」の3作品は同じ寸法にて制作されている為、シリーズ作品として描かれたと考えられている。現在、「死の勝利」はプラド美術館(スペイン・マドリード)にて展示されている。

《死の勝利》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・ブリューゲル
  • 作品名:死の勝利
  • 制作年:1562年-1562年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館
  • 種類:油彩パネル画
  • 高さ:117cm
  • 横幅:162cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部