作品概要

子どもの遊戯》は、画家のピーデル・ブリューゲルによって描かれた作品。制作年は1560年から1560年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「子どもの遊戯」は16世紀フランドルの画家であるピーテル・ブリューゲルによって1560年に描かれた油絵の具で描かれたのパネル画である。現在はオーストリアのウィーンにある美術史美術館て所蔵、展示されている。

1604年にフランドル生まれのドイツ人画家であるカレル・ヴァン・マンデルによって初めて見出されたこの絵画は、1594年にエルンスト・フォン・エスターライヒの所蔵となった。この絵画は、人類が地球に生まれた時代を初めて計画され描かれた絵画のシリーズでは無いかと議論されており、「子供の遊戯」は若さを表している。

もし、ブリューゲルが実際に、シリーズ化を意図していたとすれば、このシリーズは同時代や今後もこの作品誕生後からは進展がなさそうだ。子ども達の年齢幅は、よちよち歩きの幼児から青年までおり、輪転がし、竹馬、輪回し、木馬乗り、ステージでのトーナメント戦ごっこ、馬跳びや目隠しごっこ、逆立ち、豚の膀胱を膨らます遊び等の様々な遊戯、また人形やその他の玩具で遊んでいる。

子ども達は広場にある重市民が利用する為の重要な公会堂のような、大きな建物にも占拠しており、これは市政を執り行っている大人も、神様には子供のように見えることを強調している。

《子どもの遊戯》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・ブリューゲル
  • 作品名:子どもの遊戯
  • 制作年:1560年-1560年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:美術史美術館
  • 種類:油絵パネル画
  • 高さ:118cm
  • 横幅:161cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部