作品概要

ルイス・ブニュエルの肖像》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1924年から1924年で、国立ソフィア王妃芸術センターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ルイス・ブニュエルの肖像』はダリの友人であり、映画監督であるルイス・ブニュエルを描いた初期の作品で、ダリからブニュエルへ贈られた。当時まだ24歳の若さのブニュエルだが、非常に力強く意志的な表情をしており威厳のある佇まいで描かれている。

1922年美術アカデミー進学のためマドリードで下宿生活を始めたダリは、マドリード大学で学んでいたブニュエル、詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカと交友を結ぶ。

ブニュエルは後にパリに出てシュルレアリスム運動に参加、映画や脚本の世界へ活動の場を広げていった。1928年にスペインに一時帰国していた際、ダリの協力を得てアヴァンギャル作品『アンダルシアの犬』を制作して注目を集め、続く『黄金時代』(1930)でシュルレアリスム映画の衝撃を世界に広める。アメリカ、メキシコ、フランスでも活躍、一貫して宗教の戒律、社会的な習慣に安住する人間の肉欲や本能をあぶり出そうとする作品を撮り続けた。

美術アカデミー時代のダリはキュビスム、ピュリスム、未来派など様々な表現技法に実験的かつ精力的に取り組んでいたが、1920年代半ば以降、ヨーロッパで流行した古典主義への回帰を追求していくようになる。本作品においても、シンプルで力強い明確な輪郭と写実的な描写に古典主義への傾倒が見て取れる。しかしブニュエルの強硬な意志や性格を表現するために、背景の極端に小さい建物とブニュエルのがっしりとした質感と持つ頭と肩を対峙させるなど対象の量感の扱い方に、典型的なキュビスムの影響を感じさせる。

《ルイス・ブニュエルの肖像》の基本情報

  • 制作者:サルバドール・ダリ
  • 作品名:ルイス・ブニュエルの肖像
  • 制作年:1924年-1924年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:国立ソフィア王妃芸術センター
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:70cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部