作品概要

アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

トゥールーズ=ロートレックは、南西フランスの街アルビにて、名門貴族の家に生まれ、父親や叔父の影響を受けながら、幼少時から周囲の人々や動物などのデッサンを通じて早熟な才能を発揮しました。

8歳の頃、一家でパリに移り住み、リセ・フォンターヌ(現在のリセ・コンドルセ)に通い始めますが、怪我と療養生活、そして大学受験の失敗を経て、パリで動物画家ルネ・プランストーのもとで本格的に画家への道を歩み始めます。

修業時代の間も、しばしば里帰りするアルビやその周辺の地の風景や動物たち、理解ある母親をはじめとする家族たちは、彼の心の支えでありまた創作活動の糧でした。

この作品のアルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵とはロートレックの父のことです。伯爵は奇抜な服装を身にまとうことで非常に有名だったといいます。”

《アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵》の基本情報

  • 制作者:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名:アルフォンス・ド・トゥールーズ=ロートレック伯爵
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部