作品概要

赤い太陽》は、画家のアーサー・G.ダヴによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

コーネル大学で法律を学んだダヴは、一方で美術に深い関心を寄せ、卒業後はニューヨークで新聞の報道画家として活躍します。その後、ヨーロッパに渡り、主にフランスに滞在してセザンヌやキュビスム、フォーヴィスムの影響を受けました。

親友アルフレッド・モーラーを介してアルフレッド・スティーグリッツと知り合い、1912年に「291」画廊で10点のパステル画による個展を開催したダヴは、アメリカで初めて抽象表現を取り入れた初期の画家として注目されました。

彼の抽象絵画はヨーロッパにおけるそれとは一線を画し、アメリカの土地や自然に根差したものであることが特筆すべき点です。

抽象を自然からの「抽出物」であると語るダヴ。本作品においても、アメリカの匂い漂う太陽と雲、大地のエネルギーが生き生きと視覚化されています。

 

《赤い太陽》の基本情報

  • 制作者:アーサー・G.ダヴ
  • 作品名:赤い太陽
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部