作品概要

リリアン・ウォーケス》は、画家のジェイムズ・アボット・マクニール・ホイッスラーによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

“ホイッスラーは19世紀後半に主にロンドンで活躍したアメリカ人画家です。印象派や象徴主義、また日本美術やラファエル前派からも影響を受けながら独自の画風を確立し、徐々に画家としての地位を築きました。

耽美主義の代表的画家とされる彼は、テムズ川沿いを描いた幻想的な風景画や甘美な女性像で知られますが、その一方で、女性や子供をモデルにした肖像画も数多く残しています。

本作品は、フィリップス・コレクションが所蔵するホイッスラーの唯一の油彩画であり、ロンドン病院の外科医からの依頼で、その娘を描いたものです。

画面を統一する抑制された色調と、若々しいモデルの個性の表現は、画家がパリで目にしたベラスケスやパリ時代に影響を受けたクールベの写実主義にも通じています。

 

《リリアン・ウォーケス》の基本情報

  • 制作者:ジェイムズ・アボット・マクニール・ホイッスラー
  • 作品名:リリアン・ウォーケス
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部