作品概要

聖フスタと聖ルフィーナ》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

本作品は、ゴヤの友人で美術史家でもあったセアン・ベルムーデスの仲介により、セビーリャ大聖堂から制作依頼を受け、同聖堂の祭壇画として手がけられたました。

聖フスタと聖ルフィーナ(聖ユスタと聖ルフィナ)とは、3世紀セビーリャ出身の陶工姉妹であり、ローマ司祭の命令である異教礼拝用の供物製作を拒んだことで同地で殉教しましたが、1504年に同地で起こった大地震の際に突如現れ倒壊しかかったヒラルダの塔(セビーリャ大聖堂に付設する大鐘楼)を救ったという伝説でも知られています。右下のライオンは、スペインの比喩として描かれていると言われています。

《聖フスタと聖ルフィーナ》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名:聖フスタと聖ルフィーナ
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部