作品概要

ボルドーのミルク売りの少女》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1825年から1825年で、プラド美術館(スペイン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ボルドーのミルク売りの少女』は、1825~1827年頃に制作された油彩画である。一般的に、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの作品であり、絶筆となった作品だとされている。

本作品は、評論家から世間一般まで、非常に高く評価され賞賛されている。しかし、本当にゴヤの作品であるのか、という疑問が美術史家達から投げかけられている。もし本作品が本当にゴヤの作品ならば、描かれているのはロサリオ・ワイスか、もっと可能性があるのは、ロサリオの母であり、最晩年のゴヤの家政婦だったレオカディア・ワイスだろう。レオカディアは、ボルドーに亡命したゴヤの世話をし、共に過ごした女性である。

本作品は、ゴヤの死後、本人の遺言により末子のハビエル(1784年生まれ)に譲渡された。1年後、ハビエルは経済的に困窮したことから、遠い親戚のフアン・バウティスタ・デ・ムギーロにやむをえず売却した。1946年、ムギーロの子孫は、本作品をプラド美術館に寄贈した。作品の起源について疑念が残っているにも関わらず、所蔵ギャラリーでは人気がある展示作品だ。

ロサリオは後に画家となったので、時おり、本作品の制作者であるかもしれない、と言われることがある。しかしながら、王立サン・フェルナンド美術アカデミーに所蔵されている素人っぽいロサリオの作品と比較してみると、本作品がロサリオ作である可能性は極めて低いと考えられている。

《ボルドーのミルク売りの少女》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名:ボルドーのミルク売りの少女
  • 制作年:1825年-1827年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館(スペイン)
  • 種類:油彩キャンバス
  • 高さ:74cm
  • 横幅:68cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部