作品概要

眠るキューピッド》は、画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオによって描かれた作品。制作年は1608年から1608年で、ピッティ宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「眠るキューピッド」とは、イタリアバロック式の画家であるカラバッジョにより、1608年に描かれた作品である。他のカラバッジョ作品と違い、「眠るキューピッド」という先品が描かれた時期は正確に判明している。

「眠るキューピッド」はマルタ騎士団の団長であったFra Francesco dell’Antellaにあてて描かれたものであり、額の裏にマルタにて1608年に描かれたと記載されている。1608年ごろのカラバッジョ作品の特徴としては、彼の他の作品に比べてやわらかく暖かい色を使うところに、その特徴があるとされている。その他にも、キューピッドの翼をほとんど隠してしまう、背景に使われている黒い闇も、それ以前の作品にはあまり見られない特徴である。

「眠るキューピッド」にはそのタイトルの通り、寝ているキューピッドが描かれている。肉付きがよく、柔らかそうなキューピッドは、自らの壊れた弓と矢を横に置き静かに寝ているのだ。当時、キューピッドを優美な若者として表現するのが、それまでのトレンドであったが、カラバッジョはあえて、ふくよかな幼児としてキューピッドを描いており、新たな解釈の兆候となったとされている。

キューピッドが寝ているうちは、恋人たちはお互いの情欲を満たすことはできず、途方に暮れることになることから、「眠るキューピッド」というものは、現世での喜びを放棄していることを表しているとも考えられていた。そのため、Fra Francesco dell’Antellaが純潔を守りぬくことを誓ったということを忘れないために、この絵の制作をカラバッジョに依頼したとも考えられている。

《眠るキューピッド》の基本情報

  • 制作者:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
  • 作品名:眠るキューピッド
  • 制作年:1608年-1608年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ピッティ宮殿
  • 種類:油彩
  • 高さ:71cm
  • 横幅:105cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部