作品概要

庭を歩く女性》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1887年から1887年で、個人コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「庭を歩く女性」は、ゴッホにより1887年描かれた作品である。絵のタイトル通り、庭を歩く女性が描写されている。絵の一面には美しい青葉がひろがり、たくさんの木々が背景にみられる。

1886年、ゴッホはパリの向かうため、オランダを発ち、以来オランダには戻らなかった。ゴッホの弟であるテオはパリで成功した美術品商であり、ゴッホに支援を行い、現代美術に没頭できる環境を提供した。1886年から1888年にかけての2年間でゴッホは、洗練され、啓蒙的な画家に生まれ変わる。1886年、エドガー・ドガ、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ジョルジュ・スーラ、ポール・シニャックらの印象派の画家たちと、彼らの作品と、出逢う。

1887年、ルイ・アンクタン、エミール・ベルナール、アルマン・ギヨマン、ルシアン・ピサロ、ポール・シニャックらの画家たちと継続的な関係を大切に築き上げ、友人となり、絵画を交換し合った。印象主義、点描画法がパリに広まると、ゴッホは自己流の画風を発展させようと様々な試みを行う。補色を使うことにより、明るく強烈なコントラストを構成させる。並列のコントラストで描き、補色関係を強調した。

パリ時代、ゴッホは画家らと親しくなり、多大な影響を受け、パレット内の色彩は、黄、緑、青、赤が使われ、急速に明るさを増す。筆使いも大胆になり、絵の主題は、都市から田舎に移り変わっていく。本作はゴッホの新たなる変化、変容を表す素晴らしい作品となっている。
2005年6月20日、ロンドンのサザビーズオークションで売却され、現在は個人コレクションに収蔵されている。

《庭を歩く女性》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:庭を歩く女性
  • 制作年:1887年-1887年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人コレクション
  • 種類:油絵具
  • 高さ:48cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部