作品概要

貨車と黒い雄牛》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1884年から1884年で、ポーランド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「貨車と黒い雄牛は」1884年にフィンセント・ファン・ゴッホにより描かれた油彩画であり、2007年にポートランド美術館に寄贈されている。この作品はゴッホが南フランスへ移る前にニュウネンの村で描かれたもので、作風は暗い色を基調に作中に描かれている雄牛と貨車が不安げな様子で表現されている。

関連した作品には同年1884年描かれたオランダのクレラ・ミューラー美術館にある「貨車、赤と白の雄牛」がある。 「貨車と黒い雄牛は」1950年代にこの絵を所有していたある一家によってオランダに持ち込まれ、そして2010年に非常に価値のある作品としてポートランド美術館に寄贈された。

2010年にこの作品はゴッホの作画方法を知るため、そしてアムステルダムにあるゴッホ美術館のデータべースに作品を加えるためにデジタルX線装置とCTスキャンによって解析された。また、X線装置とCTスキャンよって作品中に塗りつぶされていた飛んでいる鳥が発見されている。

《貨車と黒い雄牛》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:貨車と黒い雄牛
  • 制作年:1884年-1884年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ポーランド美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:60cm
  • 横幅:80cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部