作品概要

オーヴェルのガシェ医師の庭》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、オルセー美術館に所蔵されている。

「オーヴェルのガシェ医師の庭」はフィンセント・ファン・ゴッホにより1890年制作された作品である。ゴッホの主治医であったポール・ガシェの庭で描かれたもので、フランス、パリのオルセー美術館に所蔵されている。

ゴッホは、サン・レミ精神病院での1年間の滞在を終えて、1890年5月パリへ向かう。ゴッホの弟テオ、テオの妻であるヨハンナ、新生児ウィンセントとともに3日間パリで過ごす。サン・レミを発ち、パリを経由して、オーヴェル=シュル=オワーズに移り住み、都会の喧騒から離れ、弟テオの近くで生活することとなる。

弟テオと画家であるカミーユ・ピサロからガシェ医師を紹介され、ゴッホはオーヴェルに転地し、ガシェはその診察を担当した。ガシェは精神科医でもあり芸術家のパトロンでもあった。ゴッホはラヴー旅館の一部屋に住むことになる。

ゴッホは、オーヴェルに着いてすぐガシェと仲良くなり、自宅に頻繁に招かれた。ゴッホの希望で週1〜2回はガシェの庭を描写して、親交を深めていった。「新しい兄弟のように感じる。」とガシェのと関係を伝えている。また、初めてガシェと会った時の印象を、1890年5月2日付弟テオ宛の手紙の中で次のように綴っている。「僕はガシェ医師に会った。かなり風変わりな人のような印象を受けたが、彼の医師としての経験が、きっと少なくとも僕と同じくらい重い神経の病と戦いながらも精神のバランスを保たせているのだろう。」

《オーヴェルのガシェ医師の庭》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:オーヴェルのガシェ医師の庭
  • 制作年:1890年-1890年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:オルセー美術館
  • 種類:油絵具
  • 高さ:73cm
  • 横幅:51.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部