作品概要

火のついた煙草をくわえた骸骨》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1885年から1885年で、ゴッホ美術館に所蔵されている。

ゴッホ初期作品

本作は、ゴッホが描いた初期の作品である。恐らく1885年から1886年の冬に描かれたもので、絵画では人間を描く前に人体の構造を理解するため人骨を描く練習方があり、ゴッホもそれに倣って描いたものであるとされている。

実際にゴッホはこの頃、アントウェルペン王立芸術学院に在籍しており、そこで学んだことが本作の元になっているようだ。ゴッホ曰く、授業は退屈であり、彼にとって苦痛であったと言う。

他にもゴッホが人骨をモチーフにした作品としては、アントウェルペン王立芸術学院時代に描いた《つるされた頭蓋骨と猫》があり、1887年から1888年にかけて2つの作品が描かれている。

作風

《火のついた煙草をくわえた頭蓋》には、ヴァニタスという人間の豊かさを表現する静物画の中に人骨などを入れ、虚しさや人間の死すべき定めを表現したものとメメント・モリ(ラテン語で“死を記憶せよ”)という芸術作品の題材として使われる2つの要素が加わっていると考えられる。

また、この作品はオランダの画家セーヘルスやベルギーの画家フェルシアン・ロップスの影響を受けている可能性もある。ゴッホは喫煙に対して批判的と捉えられることがよくあるが、実際は愛煙家であり、自身が亡くなる1890年頃まで煙草を吸い続けていた。

来歴

この作品はゴッホの兄であるテオドルス・ファン・ゴッホが亡くなる際に持っており、これが妻であるヨハンナ・ファン・ゴッホ=ホンゲルに渡り、その後ゴッホ本人の息子に渡って、最終的にゴッホ財団が手に入れる。

そして1962年から1973年にアムステルダム市立美術館に貸し出され、1973年からはアムステルダムのヴァン・ゴッホ美術館内に寄贈されている。

《火のついた煙草をくわえた骸骨》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:火のついた煙草をくわえた骸骨
  • 制作年:1885年-1886年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ゴッホ美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:32cm
  • 横幅:24.5cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部