作品概要

日没:アルル近くの麦畑》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ヴィンタートゥール美術館(に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1888年6月にアルルで描かれた作品。ゴッホは厳密には印象派の画家ではなく、後期印象派もしくはポスト印象派と呼ばれている。しかし、彼がパリに滞在した1886年から1888年初頭までは、印象派の画家たちが第一回印象派展とともにセンセーションを起こし、ルノワール、クロード・モネ、カミーユ・ピサロに続き、ジョルジュ・スーラ、ポール・シャニックといった新進の画家たちが第8回印象派絵画展をパリで終えたばかりだった。

「印象派」という言葉は最初に画家たち自身が名乗った言葉ではない。サロン絵画に保守的なアカデミックな画家や画廊主催者が批判の意図を込めた言葉として、「印象派」と呼んだのが始まりだった。

初期印象派の画家たちにとっては、古典的な画家と同様に写実を追求していた。その一つの到達点で、色彩が固有ではなく、光の変化で多彩に現れる、世界の発見のプロセスの中で、光の表現を絵筆に託した結果であった。ルノワールはその世界の発見の喜びと興奮を息子に充てた手紙に書いている。

一方でパリのサロン画家たちは、理想化された風景を描く。印象派の画家たちは風景画を描くモチーフに、画家の眼が捕らえた風景を描き続けた。その意味では、初期印象派たちは、パリのサロン画家以上に写実を追いかけていた。

ゴッホが目で見たモチーフを追っていたことは、印象派画家たちの深い影響もあったと言える。煙突から上る煙や、橋やトンネルのような近代の構造物のように古典絵画では描かれることのない風景には、印象派絵画と同様に、近代の産業が人間に及ぼした生活や景色の変化までもが記録されている。

《日没:アルル近くの麦畑》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:日没:アルル近くの麦畑
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ヴィンタートゥール美術館(
  • 種類:油絵具
  • 高さ:1888cm
  • 横幅:1888cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部