作品概要

ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1654年から1654年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

『ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴』(英語名:Bathsheba at Her Bath)はレンブラントによって1654年頃完成された油絵作品で、フランスはルーヴル美術館に所蔵されている。当作品はダビデ王が沐浴するバテシバを見初めて強引に関係を持ち、妊娠させた罪に関する旧約聖書の一場面を叙述している。

この普遍的な主題に対する当作品のアプローチはそれまでの作品とはまったく異なり、現代に至るまで多くの作家へ影響を与えた。それまでバテシバの沐浴といえば、バテシバが(ダビデに見られているという前提で)屋外で沐浴しており、近くに召使が仕え、大抵は遠くに描かれた塔にダビデ王と思しき小さな人影が、時には彼の臣下2人と共に描き込まれているのが常であった。

このスタイルはかつてレンブラントも1643年に用いたことのあるものである。一方当作品ではダビデ王の存在や使いの者たち、その他伝統的な絵画的モチーフは排除され、逸話を示唆するものは、実際には聖書中に言及されていないダビデ王からの手紙とバテシバの足を拭いている召使いの姿だけである。

ダビデ王の罪に主眼を置いた従来の教訓的な要素にとってかわり、まるでこの作品の鑑賞者自身が沐浴を覗き見するダビデ王であるかのような直接的なエロチズムを感じさせるのである。バテシバの沐浴がかつてこのように描かれたことはなく、レンブラントがこの作品を誰かの依頼で仕上げたのか、個人的な理由によって描いたのかはわからない。キャンバスは元々縦横に10cmから20cmほど大きかったが、おそらく作者自身の手でバテシバを強調するために切り詰められている。

《ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴
  • 制作年:1654年-1654年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ルーヴル美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:142cm
  • 横幅:142cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部