作品概要

ピンクのカーネーションを持つ女性の肖像》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1665年から1665年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

『ピンクのカーネーションを持つ女性の肖像』(英語名:Portrait of a Woman with a Carnation, possibly Lysbet Jansdr Delft)はレンブラントによって1665年頃描かれた油絵作品で、アメリカはメトロポリタン美術館に所蔵されている。

ロマンチックな古めかしい衣装とエキゾチックな宝石を身につけ、やや寂しげに見える貴婦人が愛と結婚の象徴であるカーネーションを一本持っている。この作品の対作品である『拡大鏡を持った男性』に描かれた人物がPieter Haringhであるならば、この控えめな笑みを湛えている人物はその妻であるLysbet Jansdr Delft (ca. 1620?1679)であろう。この暖かくもどこか陰気な肖像はレンブラントの1660年の前期から後期にかけて見られるスタイルで、他には『ユダヤの花嫁』などがある。

同じ夫婦の肖像はこの数十年ほど前にも、伝統的な盛装のいでたちのものがレンブラントの以前の弟子ヤン・ヴィクトルスによって描かれているが、この作品からも伺えるように、それらによってある種の宝石に対する執着を見受けることができる。また女性の仕草や衣装の広がりなどは、レンブラントが1654年ごろに描いた作品『フローラ』を彷彿とさせる。

《ピンクのカーネーションを持つ女性の肖像》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ピンクのカーネーションを持つ女性の肖像
  • 制作年:1665年-1665年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:92.1cm
  • 横幅:74.6cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部