作品概要

拡大鏡を持った男性》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1665年から1665年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

『拡大鏡を持った女性』(英語名:Portrait of a Man with a Magnifying Glass, possibly Pieter Haaringh)はレンブラントによって1665年頃描かれた油絵作品で、アメリカはミネアポリス美術館に所蔵されている。

このレンブラントの格式高き晩年の作品に描かれたモデルの衣装とポーズは、1639年にオークションに出されたラファエロによるバルダッサーレ・カスティリオーネ(ルーブル美術館蔵)の素晴らしい肖像画から彼がインスパイアされたものである。

オークションを取り仕切ったのはPieter Haringhという男で、彼の容姿はレンブラントによる1655年のエッチング作品に見られるが、当作品で拡大鏡を持って描かれている人物がその人と見られる。Pieter Haringh氏は故人の遺品整理などを任された弁護人であったが、レンブラントが度重なる浪費によって破産を宣告された1650年頃、彼が家を失わないようレンブラントを支援した一人でもある。拡大鏡はおそらく宝石や銀、絵画やその他の高級品を査定するためのものであろう。

同美術館にはこの作品の対作品が存在し、彼の妻を見受けることができる。この絵に描かれた男性がPieter Haringh氏であるならば、対作品の方はLysbet Jansdr Delft夫人と考えられている。

《拡大鏡を持った男性》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:拡大鏡を持った男性
  • 制作年:1665年-1665年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:91.4cm
  • 横幅:74.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部