作品概要

ルクレツィア》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1666年から1666年で、ミネアポリス美術館に所蔵されている。

『ルクレツィア』(英語名:Lucretia)はレンブラントによって1666年頃描かれた油絵作品で、アメリカはミネアポリス美術館に所蔵されている。レンブラントの晩年に描かれた傑作のひとつで、王政であったローマに反乱を起こし共和国樹立の契機となったルクレツィアの痛ましい死を描いた作品である。彼女はそれまでにも多くの画家によって主題に用いられているが、レンブラントほど彼女の事件を性的な暴力より精神的な暴力の象徴として表現した者はいないだろう。

ローマ王の息子に貞操を奪われたルクレツィアは父親や夫らに復讐を誓わせた後自ら命を絶つ。立体的に浮かび上がるルクレツィアの顔と身体の表現に、カラヴァッジョまたはカラヴァジズムによる影響がもたらしたレンブラントの見事な明暗描写を見ることができる。また、レンブラントは彼女の目や表情を通して、彼女の美徳、一族の名誉と務めといった崇高な内的感情を巧みに表現している。

卓越した力と感情を伴ったこの神話的作品はレンブラントがオランダのリアリズムの画家たちの中で最も優れているという評価を裏付けており、アメリカの美術館群の中でも最高峰であるミネアポリス美術館の誉れを代表する傑作の一つである。この作品はローマ史の重要な登場人物を描いたというだけでなく、社会の心無い者の出来心によって愛する者を失った男たちの叫びを表していると同美術館のキュレーターは言う。

《ルクレツィア》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ルクレツィア
  • 制作年:1666年-1666年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ミネアポリス美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:111cm
  • 横幅:95cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部