作品概要

ボルドーのミルク売りの少女》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

この作品はゴヤが最晩年にフランス南西部の都市ボルドーにて制作したもので、死の前年となる1827年まで制作されていたため、ほぼ確定的にゴヤの絶筆として考えられています。ミルク売りの少女は穏やかな朝の陽光に包まれ輝きを帯びながら、ロバの背に乗り牛乳を売りに近隣へと向かっています。

画面左下に牛乳の容器が確認できるものの、それ以外の要素は全く描かれておらず、ほとんどミルク売りの少女のみで構成されるのが特徴です。晩年のゴヤの「若さ」への羨望も含まれているといわれています。

《ボルドーのミルク売りの少女》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名:ボルドーのミルク売りの少女
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部