作品概要

イーゼルの前の自画像(画家としての自画像)》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ファン・ゴッホ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

本作品はゴッホが南仏アルルへ旅立つ直前の1888年1月~2月にかけて制作された。ゴッホはパリ時代に自画像作品を28点残しているが、その中でも本作品が最も有名で華やかな印象がとても強い。ゴッホはパリに滞在していた時代に多く自画像を残してきたが、その理由としては弟のテオドルスと同居していたことで手紙を書く必要が無く、手紙以外での自己表現の手段が必要だったとも言われている。それだけゴッホは非常に真面目で、絶えず自分自身と向き合い、自分自身に厳しかったのだと思われる。

画中のゴッホの姿は画面中央に描かれており、服装は地味な労働者が身にまとうような衣服となっている。視線は作品を観る者を真っすぐに見つめており、その表情は画家として自信に溢れ、何かを決意したように見え、とても力強い。ゴッホが右手に持っているパレットは普段利用している物で、パレットに乗っている色は全て華やかな色となっている。後の手紙にはこれらの色はレモンイエロー・ヴァーミリオン…などで、髭のオレンジを除けば全て原色だと言っている。おそらくこれらの原色をそのまま用いたり混ぜ合わせて塗るなどして独特の色彩感を表現しようとしたのだろう。構図・色使い共に鑑賞する者を意識した作品である。

《イーゼルの前の自画像(画家としての自画像)》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:イーゼルの前の自画像(画家としての自画像)
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ファン・ゴッホ美術館
  • 種類:油彩/画布
  • 高さ:65cm
  • 横幅:50cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部