作品概要

シエスタ》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、オルセー美術館, パリに所蔵されている。

「シエスタ」はゴッホがプロヴァンス地方のサン=レミにあるサン=ポール精神病院に入院していた頃に制作された。ゴッホはこの時期に少なくとも21以上ものミレー作品の模写を行った。構成はミレーによる素描「1日の4つの時」を基にしている。ゴッホは彼の弟テオに自らの制作についてこう言明している――「ぼくはもうひとつの言語を使っているんだ。それは色彩であって、明るいだとか暗いだとかいう感情は白や黒に翻訳されるのだ」。

ゴッホはしばしばミレーの作品を模写しており、彼はミレーを「マネよりも現代的な画家である」と見做していた。ミレーにとってのこの場面情景は、1860年代のフランスの田園風景を象徴する情景であった。ゴッホは前景にある静物のモチーフに至るまでオリジナル作品の構成に忠実でありながら、それにもかかわらず本作の安らかな情景に彼自身が持つスタイルを落とし込んでいる。こうした、単なるコピーではない高度な次元で私的な作品である本作は、ブルーバイオレットとイエローオレンジといった主に補色関係にある色同士を用いた色彩構成に関して評価されている。

男性の人物の脇に置かれている前景の小鎌や、後景にある青いわらを入れるカートとぶちの牛に落ちている金茶色の影は、昼の空のかすかなきらめきが作り出す金色の大地と様々な青と紫の陰と相まって作品により深みを与えている。これらの陰と同じ青や紫の色は農夫たちの服にも使われている。ゴッホは彼の生涯を終えるその際において、完成された色彩構成を完全に習得したのである。

《シエスタ》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:シエスタ
  • 制作年:1890年-1890年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:オルセー美術館, パリ
  • 種類:キャンバスに油彩
  • 高さ:73cm
  • 横幅:91cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部