作品概要

ドービニーの庭》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、バーゼル市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ドービニーの庭」は、フィンセント・ファン・ゴッホによって3点制作された。本作品は、ゴッホが生涯を通して尊敬していた画家シャルル・フランソワ・ドービニーの庭を描写したものである。

ゴッホは、庭の一部を描いた習作から始まり、それから庭全体を描いた2点を制作した。作品は、ゴッホが亡くなる数ヶ月前となる、1890年5月〜7月にかけてオーウェルで制作された。3点とも「ドービニーの庭」という名前が付けられたが、収蔵された美術館によって区別されている。バーゼル市立美術館、ひろしま美術館、ファン・ゴッホ美術館それぞれに作品は収蔵されている。

ゴッホは、フランスの風景画家であるシャルル・フランソワ・ドービニーをとても尊敬していた。バルビゾン派の一人であり、川や海岸の風景絵画を戸外で制作していた。ドービニーは1817年にパリで生まれ、1860年にオーウェル・シュル・オワーズに移り住んだ。1878年、ゴッホは弟のテオ宛の手紙の中で、ドービニーが亡くなったことにより深い悲しみに暮れていることを伝えている。ドービニーの作品はゴッホに深い感動を与えていた。「ただの良い作品は永遠には続かないかもしれない。しかし、感情が表現されているものは永遠に続き、その作品自体も必ず長い時間生き続ける。後から現れた者は、そのような先任者の先例に倣い、真似をするしか術がなくなるのだ。」と述べている。1890年ゴッホがオーウェルに着いた時、ドービニーの未亡人が家を所有していた。

《ドービニーの庭》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ドービニーの庭
  • 制作年:1890年-1890年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:バーゼル市立美術館
  • 種類:油絵具/キャンバス
  • 高さ:56cm
  • 横幅:101cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部