作品概要

コテージ》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1885年から1885年で、ゴッホ美術館に所蔵されている。

ゴッホは1883年から1885年の3年間に渡って数々のコテージを描いている。このコテージ(F83)は不朽の名作である「ジャガイモを食べる人」のモデルになった家族デ・グルートが他の家族と共に住んでいた家である。

コテージの玄関はふたつ、屋根の割れ目から煙突が見える。夕闇がコテージを飲み込む前のひと時をなんとも言えぬ静けさ、そして何の争いもない平和な様子を見事に描いている。彼は1881年から1885年にかけて農民や労働者階級の人々を対象として描く事を研究している時期であった。

このジャンルを描く仲間にはジャン・フランソワ・ミレーなどがいた。ゴッホはミレーや他の仲間からたくさんの刺激を受け、働く農民や農村風景を描くことに没頭していったのである。彼は農民や農村の真実の姿、真髄を描くために彼自身も農民たちの生活の場に身をおいたのであった。農民たちの働く畑へ彼も出かけ、何時間も厳しい天候の中で過ごしたのである。ゴッホはアートスクールでは決して学ぶことができない仕方で絵の技術を学習していったのである。彼はテクニックばかりを重要視する伝統的な考え方に不満であった。彼の農村風景や労働者階級を描くことへの献身ぶりは徹底していた。

単にその場に住み眺めるだけではない。その村の風習、マナー、話し方まで本来の自分の姿を変え、そこの人間になるようにしたのである。そのことは、ゴッホの家族や友人に疎外感を与えることになったが、ゴッホは自身の作品がさらに進歩して行くためには絶対欠かせない行為であると信じていた。

《コテージ》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:コテージ
  • 制作年:1885年-1885年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ゴッホ美術館
  • 種類:油絵具/キャンバス
  • 高さ:65.7cm
  • 横幅:79.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部