作品概要

ヌエネンの古い教会の塔》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1884年から1884年で、ビュールレ・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ヌエネンの古い教会の塔」はゴッホによって描かれた作品であり、1884年から1885年にかけて描かれたいくつかの油彩に同じ名前がつけられた。それらの絵画の大半は、12世紀の良き時代に見られた、尖塔が無傷で土台のしっかりした当時の教会を反映している。教会の尖塔は1792年に破壊され、教会の塔は取り壊され、くずとして売られている最中であった。

1882年、ゴッホの父はネーデルラント、北ブラバント州の小さな村、ヌエネンの牧師になり、家族は牧師館にて生活をしていた。ドレンテ州にて数週間を過ごした後、1883年12月ゴッホは両親の元へ移り住み、1885年5月までを両親とともに過ごし現地農民の特徴を研究した。彼のヌエネン滞在当時は冬であり、農地に仕事はほとんどなかったため、彼は村の牧師である父親を通じて人々との繋がりを得ることができた。ゴッホの農民研究は彼の代表作、「ジャガイモを食べる人々」によく反映されている。パンにほとんどありつけず、肉は高級品であった当時の貧しい農民にとって、ジャガイモは彼らの主食であった。

ゴッホは、死産であった第一子の死から1年後に誕生した第二子であり、第一子と同じフィンセントという名前をつけられた。他の「生まれ変わり」の子ども同様、ゴッホも定期的に兄の墓を訪れたが、恐らく兄の死は彼が教会や墓地に興味を抱いたきっかけであり、「ヌエネンの古い教会の塔」の作品が多く誕生した理由である。

《ヌエネンの古い教会の塔》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ヌエネンの古い教会の塔
  • 制作年:1884年-1885年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ビュールレ・コレクション
  • 種類:油彩
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部