作品概要

春の釣り》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は?年から年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「春の釣り」は1887年、フィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた油彩であり、セーヌ川を舞台にしたシリーズ作品のひとつである。セーヌ川は何世紀もの間、貿易、旅行、娯楽としてパリ市民にとってなくてはならない存在であり、ゴッホは自然に見出される街の生活からの休息と安堵を、「春の釣り」にうまく表現した。

シリーズ作品のうち、2、3点はパリにて制作され、残りはパリ郊外北西部クリシー、アニエールにて描かれた。ゴッホはパリ滞在初年、当時最も優れていたアヴァンギャルド画家から現代美術に関する情報を多く吸収したが、1886年、1887年初期の彼の作品は、ネーデルラント時代と何ら変化は見られなかった。1887年春、ゴッホはエミール・ベルナールと両親とともにアニエールに滞在し、その春の訪れはゴッホを覚醒させ、スタイルの確立のため新たなジャンルを試みる引き金となった。

「春の釣り」はポール・シニャックとの友好の証であり、舞台であるアニエール近辺、クリシー橋のセーヌ川は、ゴッホとシニャックが何度かともに絵画を描いた場所である。
ゴッホは1886年春、シニャックとジョルジュ・スーラによる作品を印象派展示会にて目にした。シニャックは雄弁な代弁者であり、スーラの先駆的新印象派は、印象派の自然な発展であると説明をした。シニャックの影響下でゴッホのパレットは鮮やかなものに変化し、彼の筆づかいはより多彩になり、絵画対象の幅は広がりを見せた。「春の釣り」は常設展示作品として、シカゴ美術館に所蔵されている。

《春の釣り》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:春の釣り
  • 制作年:不明-1887年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:シカゴ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:50.5cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部