作品概要

クロー平野の収穫、背景にモンマジュール》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ゴッホ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「クロー平野の収穫、背景にモンマジュール(収穫)」はアルル滞在期、ラ・クロ平野の麦畑での収穫の様子を描いた油画。

1888年6月、ゴッホは毎日太陽の下、アルル周辺のラ・クロ平野に出かけ熱心に制作に励んだ。収穫の時期の終わりを告げる激しい嵐が訪れるまでのたった1週間で、10点の油画と5点のスケッチを描き上げた。「収穫」はその時に描かれた油画の中の一枚である。

前面には刈り立ての黄金色に光る小麦が描かれ、背景にはターコイズブルーの空に対して藤色で描かれたアルピーユ山脈が広がるという層状の構図が用いられている。小麦の鮮やかな黄色からのアルピーユ山脈と空の青の対比が美しく、南フランスの初夏の空気を感じさせる。作品上で見られる干草の山や、荷車、梯子、右手に熊手を持った男などに、ゴッホが幾度となくテーマにしてきた農村部の人々の仕事と生活の様子が表されている。ゴッホは収穫の幾つかの工程をこの絵の中に書いた。農民や労働者は画面上小さく描かれてはいるが、作品の必要不可欠な要素となっている。

ゴッホはこの作品を生涯最も成功した作品の一つとしている。弟テオに宛てた手紙の中で(1度のみでなく3度にわたって)「「収穫」は他の作品より一番勝る」と述べている。

《クロー平野の収穫、背景にモンマジュール》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:クロー平野の収穫、背景にモンマジュール
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ゴッホ美術館
  • 種類:油画
  • 高さ:73cm
  • 横幅:92cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部