作品概要

ズアーブ兵》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ニューヨークモダンアート美術館に所蔵されている。

「ズアーブ兵」は、1888年アルルで描かれた82センチ×65センチの油彩作品である。ズアーブ兵をモデルにした肖像画は本作品と床に座ったポーズを描いた油彩が二作現存する。

ゴッホによるとモデルの兵は少年であったとされるが、作品上では太い首に支えられた小さな顔を緊張感のある目が印象的な大人として表現されている。赤味の強いオレンジ色の網込のついた青い兵士の制服、赤い帽子、男の胸についた二つの星の紋章、それらの背景になる緑色のドアとオレンジ色のブロック壁など、色彩の強い作品となっている。

ゴッホは、モデルの良く日焼けした肌と鮮やかな色彩を「不調和なトーンによる野性的な組み合わせ」と呼んだ。ゴッホはこの作品に満足せず、「醜く失敗に終わった」と言いながらも、制作中にぶち当たった壁を乗り越えることで、造形の領域を広げることができたのではないかと考えた。同作品の後、同じ主題で白い壁を背景にした肖像画に取り組んだが、これもあまり満足の出る結果には繋がらなかった。

現在はアムステルダムのヴァン・ゴッホ美術館に所蔵されている。同じ構成と色彩を使用した水彩画も存在し、そちらは現在、ニューヨーク モダンアート美術館に所蔵されている。

《ズアーブ兵》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ズアーブ兵
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ニューヨークモダンアート美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:82cm
  • 横幅:65cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部