作品概要

アイリス》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、ゲティ・センターに所蔵されている。

《アイリス》は、ゴッホによって1889年にサン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病患者の療養所で描かれた。ゴッホがピストル自殺により死亡する前年に制作された。

療養所で初めての発作を起こす以前に描かれていて、後期作品に見られる緊張感に満ちた表現が見うけられない。描き続けることで狂気に陥ってしまうことが避けられた為、ゴッホ自身、《アイリス》は「わたしの病を軽くなるよう導いてくれる指揮者」と呼んでいた。

《アイリス》の構成の中、強い輪郭線、細部の陰影のつけない平面的な着色、クローズアップを含む今迄使われなかった角度の使用など、ゴッホの他の作品、また同時代の画家に良く見受けられた日本の浮世絵の影響が本作にも現れている。

ゴッホは、作品は習作と制作当初は見なしていたようで、その為に制作前のスケッチが知られていない。しかし弟セオの提案で、1989年9月にパリのアンデパンダン展に《星月夜》と共に出品された。

ゴッホは「遠くから見ても目を惹くのだ。《アイリス》は良くできた美しい習作で、空気感と命に満ちている」と、展覧会での感想をセオに書いている。現在、ゲティ―美術館所蔵。

《アイリス》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:アイリス
  • 制作年:1889年-1889年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ゲティ・センター (アメリカ)
  • 種類:油彩
  • 高さ:71cm
  • 横幅:93cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部