作品概要

ルグラン嬢の肖像》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1875年から1875年で、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ルグラン嬢の肖像』は1875年に制作された作品であり、現在はフィラデルフィア美術館に収蔵されている。1870年代、ルノワールの初期の印象派絵画は高く売れなかったため、肖像画の依頼を受けることで生活と創作活動を成り立たせたと同時に、彼の評判を高めた。

画商である友人の娘、8歳のアデルフィーネ・ルグラン嬢の肖像画では、小さな子供の恥ずかしがり屋の一面や本来の活発な様子がルノワールの高い技術によって表現されている。

モデルであるアデルフィーネ嬢は行儀よくルノワールの前に立っているが、握りしめた手とその表情から、ためらいがちな様子が垣間見える。おそらく、彼女を安心させ、元気づけるために他の誰かがルノワールの後ろに控えていたのだろう。

この肖像画はシンプルな部屋で描かれており、細かくきらびやかな画面ではない、しかし強度のある豊かな色彩と、少女の黒いエプロンと首もとで結ばれた青いスカーフ、そして彼女の背後の緑色のカーテンはしっかりとした筆づかいで描かれている。首から下げられた金色のロケットペンダントはまるで今エプロンの下から取り出されたかのように非対称になっており、それが自然な雰囲気を演出している。

アデルフィーネ嬢の両親は小ブルジョア階級であり、父親は店の販売員であり、母親は麦わら帽子の職人であったという。この肖像画が依頼された状況やルノワールとルグラン一家の関係の詳細はあまり知られていないが、1893年にルノワールが友人のジェニファー・トンプソンに誘われてルグラン夫妻の結婚式に出席している。

《ルグラン嬢の肖像》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:ルグラン嬢の肖像
  • 制作年:1875年-1875年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:フィラデルフィア美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:81.3cm
  • 横幅:59.7cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部