作品概要

アルジャントゥイユの庭で制作中のモネ》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1973年から1973年で、ワズウォース美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『アルジャントゥイユの庭で制作中のモネ』は1873年ピエール・オーギュスト・ルノワールにより描かれた作品である。

若き日のクロード・モネとルノワールはともに制作する芸術家仲間として親交を深めていた。ルノワールはパリからさほど遠くないアルジャントゥイユ村にモネが借りた家に滞在していた。彼らは印象派主義の原則に忠実に、戸外での制作を行ったが、ダリアの咲き乱れる庭は最も重要な主題のひとつであった。

『アルジャントゥイユの庭で制作中のモネ』には、生涯にわたって花を描くことに情熱を注いだモネが隣人の庭で作品制作に勤しむ姿が描かれている。モネは庭のフェンスのそばに立てられたイーゼルとキャンバスの前に立ち、赤や白、黄色のダリアへと目を向けている。ピラミッド型の木々の向こうには、第二帝政時代スタイルの三角屋根と屋根窓のある家屋が見える。

モネは右手に絵筆を持ち、左手にはパレットともう一本の筆を携えている。イーゼルの下には絵の具箱と傘が置かれている。モネの服装や持ち物は、まるで郊外へ遠出してきたような出で立ちであるが、実はモネの家はすぐ近く、画中にも描かれている青い窓でクリーム色の家屋である。

この時期の彼らの制作ペースがきわめて速かったことが、この作品のX線調査により明らかとなった。この作品は、モネの妻であるカミーユの肖像画の上から塗り重ねられたものであったのだ。ただし、この肖像画を描いたのがモネなのか、ルノワールなのかは未だ明らかになっていない。

《アルジャントゥイユの庭で制作中のモネ》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:アルジャントゥイユの庭で制作中のモネ
  • 制作年:1973年-1973年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ワズウォース美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:46.7cm
  • 横幅:59.69cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部