作品概要

セーヌ河畔の風景》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1879年から1879年で、ボルチモア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『セーヌ河畔の風景』はピエール・オーギュスト・ルノワールによる1879年の作品である。この作品は1951年にボルチモア美術館から盗まれ、2012年に美術館に返還されたものである。

この作品はパリのベルネーム・ジューヌ画廊がパピヨン夫人と呼ばれる人物(おそらくルノワールの代表作『船遊びをする人の昼食』にもモデルとして登場するアルフォンジーヌ・フルネーズ・パピヨンであろう)から購入した。その後、1926年にベルネーム・ジューヌ画廊よりハーバート・メイへ売却された。そして、193年にメイの元妻セイディによってボルチモア美術館に貸し出された。その後、彼女の意思によって、彼女が所有する他のすべての作品とともに、同館に寄贈されることとなった。

1951年『セーヌ河畔の風景』はボルチモア美術館で「アングルからゴーギャンまで」と題された展覧会に出品されていたが、その会期中である11月16日の夜から翌日の午後にかけて何者かに盗まれてしまった。美術館は作品に2500ドルの保険をかけており、その損失に対して支払われることとなった。2012年7月、マルシア・フークアという女性がこの作品をヴァージニア州アレクサンドリアのオークションハウスに持ち込んだ。

彼女は2009年にウェスト・ヴァージニアのフリーマーケットでこの作品を7ドルで購入したと言うが、彼女の家族は50-60年前から一家が所有していたものだと主張している。その後調査が行われ、2014年7月に『セーヌ河畔の風景』はボルチモア美術館に返還されることとなった。その直後、美術館は「ルノワールの帰還」と題した展覧会で『セーヌ河畔の風景』を公開した。

《セーヌ河畔の風景》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:セーヌ河畔の風景
  • 制作年:1879年-1879年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ボルチモア美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:38cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部