作品概要

シャルパンティエ夫人とその子供たち》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1878年から1878年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

『シャルパンティエ夫人とその子供たち』はルノワールが1879年、有名な出版事業者であるジョルジュ・シャルパンティエに依頼され制作した油彩画である。初めて発表された1979年サロンにおいて、本作品は注目を集め高い評価を受けた。現在はニューヨークのメトロポリタン美術館に収蔵されている。

この裕福な一家の肖像画はパリにあるマルグリット・シャルパンティエ夫人の邸宅の日本風に設えられた居間で描かれた。部屋の装飾とシャルパンティエ夫人の優美で高価なドレスからは彼女の洗練された趣味が見てとれる。彼女のそばには3歳の息子、ポールが座っている。当時の流行から、彼の髪は短く切られておらず、服装は一家の飼い犬に腰掛けている姉のジョーゼットと揃いのものとなっているため少女のようにも見える。

ルノワールとシャルパンティエ一家の交友は1875年、ジョルジュがオークションでルノワールの作品を3点購入した際にはじまった。1876年から1882年の間に、ルノワールはこの一家のために肖像画を7点制作している。

出版者の妻として、シャルパンティエ夫人はその社交性を大いに発揮した。彼女はギュスターヴ・フローベル、エドモン・ド・ゴンクール、エミール・ゾラなどの優れた作家たちが集う文学サロンを主宰していた。そして、サロンの友人たちにルノワールを紹介し、彼の作家活動を大いに支援した。その後、ルノワールが依頼され制作した作品のいくつかは、シャルパンティエ夫人の紹介によるものである。

《シャルパンティエ夫人とその子供たち》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:シャルパンティエ夫人とその子供たち
  • 制作年:1878年-1879年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:153cm
  • 横幅:139cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部