作品概要

青いサーカス》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1950年から1950年で、テートギャラリーに所蔵されている。

『青いサーカス』は、1950年にマルク・シャガールによって描かれた作品である。50年代から彼の絵画に繰り返し現れるモチーフの一つはサーカスである。幼少期、シャガールの故郷であるビテブスクにサーカスが来るとき、彼はその色やパフォーマーの異国情緒溢れるパフォーマンスに、魅了されていた。

サーカスの活気のある、夢のような雰囲気、鮮やかな色や世界の動物はシャガールの想像力をかきたて、インスピレーションの源であった。生涯の80年間、マルク・シャガールは愛、故郷の思い出、サーカス、ロシア、ユダヤ教の伝統に触発された作品を描いた。

サーカスはシャガールにとってマジックショーのような世界であった。そしてサーカスは不穏であり深い。ピエロ、ライダーショー、アクロバットショー、色や化粧に魅了され、画家はサーカスに精神的な歪みを感じ、描いた。『私は、一生の間にグロテスクなサーカスを見てきた。あの男(ヒトラー)は世界を恐怖させる轟音をひびかせる。理想的な世界にはつながらない革命は、私はサーカスようだと思う。私は悲しみの世界から逃げ、物乞い、慈悲のために物乞い、サーカスの馬のような豪華な姿で、これらすべての厄介な思考や悲しみの感情を隠し、ピエロのようにパフォーマンスし人々を魅了したい。」

シャガールは1966年にこのようなコメントを残している。社会的、政治的混乱や、彼が目撃したことは制作にあたって大きな役割を果たした。時系列に彼の芸術的発展をたどると、シャガールの描くメインテーマは20世紀の美術史に不可欠であることを物語る。

《青いサーカス》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:青いサーカス
  • 制作年:1950年-1950年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:テートギャラリー
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 高さ:350cm
  • 横幅:270cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部