作品概要

横たわる詩人》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1915年から1915年で、テートギャラリーに所蔵されている。

『横たわる詩人』はロシア出身の画家マルク・シャガールによって1915年に描かれた油彩画である。この穏やかな絵は、マルク・シャガールの生活の中で感動的な瞬間を切り取ったものである。

この1915年に作品を制作したとき、シャガールは妻のベラと新婚旅行中だった。彼らはシャガールの実家がある、ロシアの田舎で新婚旅行を過ごした。その時の風景を思い出し、この空想の世界を描いた。

画面下部にシャガールが牧草地の上で体を伸ばし横たわっている、彼の体はとても細長く描かれており、背景には藤色の夕暮れの空が画像の大部分を占める。そして、緑豊かな松林の景観、その背後にある月、画家自身の安らげる孤独の場所、ささやかな農家と豚や馬などの動物が暮らす風景。非常にのどかな田舎の風景に見えるが、よく見ると一つ一つのモチーフが奇妙に孤立したように見える。

この理由はシャガールが本作を描いている時期に関連している。第一次世界大戦中の紛争の混乱はシャガールの故郷であるロシアでもあり、画家の帰国時に衝撃を与えた。このシーンの静けさは、その時代の混乱と不安が混ざっている。よく見ると、牧草の上で横たわるシャガールの肌は死人のように蒼白な灰色に塗られている。腕は胸の上に置いて、横たわっており、死体のようである。

社会的、政治的混乱が、この一見平和なシーンに奇妙さを与えている。この時期からシャガールの作品の多くは、紛争の影響を描くようになった。

《横たわる詩人》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:横たわる詩人
  • 制作年:1915年-1915年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:テートギャラリー
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 高さ:77cm
  • 横幅:77.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部