作品概要

7本指の自画像》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1913年から1913年で、アムステルダム市立美術館に所蔵されている。

『7本指の自画像』は、ロシア出身の画家、マルク・シャガールの1913年に描かれた作品である。現在、アムステルダム市立美術館でのシャガールのコレクションの一部になっている。本作はマルク・シャガールの最も有名な絵画の一つであり、キュビズム表現を取り入れた画家の初期の試みを表している。

絵の中のモチーフの形の破壊、幾何学的形状の外観はキュビズム、当時の絵画の人気のスタイルからの影響である。シャガールは現実を破壊し、新しい方法でそれを再構築するキュビズムの方法を用いた。

本作の研究では、?シャガールはユダヤの数字の持つ意味を描いてる。数字の7は、ユダヤ教の中で神秘的な数とされていることと、創造の意味を持つ。カバラは、神は私たちの世界を7日で世界を創造したと述べている。旧約聖書では、3人の父親と4人の母親がユダヤ民族を出産したとされている。シャガールは絵画の中で、その意味を用いて、7本の指で、キャンバス上の絵の具を用いて新しい世界を創造している。ユダヤ人であるシャガールは、ユダヤ教の伝統的な民話、寓話、そして信念を数多く描いている。画面上部にはヘブライ語が描かれており、左にパリの風景、右にロシアの風景が描かれている。作中で画家が描いているのは『ロシアとロバとその他のものたちに』である。

『7本指の自画像』はシャガールの最初の自画像であった。それは、彼と200人の仲間のアーティストと共に慎ましく住んでいたラ・ルーシャ、モンパルナス(シャガールの最初のパリでのスタジオ)で描かれた。現在絵画はアムステルダム市立美術館で保管されており、展示はされていない。

《7本指の自画像》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:7本指の自画像
  • 制作年:1913年-1913年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:アムステルダム市立美術館
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 高さ:107cm
  • 横幅:128cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部