作品概要

酒を飲む兵士》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1911年から1911年で、グッゲンハイム美術館蔵に所蔵されている。

『酒を飲む兵士』は1911年から12年にマルク・シャガールによって描かれた。シャガールは 1910年にロシアからパリに移動し、彼の絵はすぐにパリで最新の前衛的なスタイルで描くようになった。

鮮やかな半透明の色の重なり合いから、シャガールの友人のロバート・ドローネの表現手法であるオルペウスキュビズムに影響を受けたことは明らかである。シャガールは『酒を飲む兵士』を描いた後、本作は1904年から1905年の日露戦争後の帝政ロシア兵士の思い出を描いていると述べている。

兵士の歪んだ、幾何学的形状に再構築された兵士の体は当時の絵画の人気のスタイルであるキュビズム表現で描かれ、歪められた体は彼の暴力的な職業を象徴している。この兵士の抽象化は、明らかに第一次世界大戦後の悲惨な世界を表している。彼は窓に向かって右手で指差している、そして窓の外の世界から彼の体は完全に背を向けている。これは戦争や暴力で満たされた彼の過去(窓の外の世界)から背を向けていることを表している。

いぶかしげな彼の表情は、現在の世界の情勢と彼自身の意見を示し、窓の外の自身の過去を忘れるために酒を飲んで酔っ払っている。浮いている帽子は兵士の思考を表し、窓の外には村があり、自分と外界との間の闘争を表す。そして彼の左手の人差し指がカップを指し、窓の外の世界と、室内の世界を指し示すことで虚像と現実、過去と現在の二面性のある世界を表す。

本作では、絵の中のモチーフの形の破壊、幾何学的形状で描き、暗示を示すことで、帝政ロシア兵士の内面性を多面的に描いている。

《酒を飲む兵士》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:酒を飲む兵士
  • 制作年:1911年-1912年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:グッゲンハイム美術館蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:109.8cm
  • 横幅:94.7cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部