作品概要

ライラックの中の黙示録、奇想曲》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1945年から1945年で、ベンウリギャラリーに所蔵されている。

『藤色の黙示録』はロシア出身の画家マルク・シャガールによって1945年に描かれた水彩画である。当時のホロコーストによってもたらされた社会の荒廃に応じて作成された。

その画像は前方の第二次大戦中の旧ナチの突撃隊員が叫び暴力的行為に及ぶ中、イエス・キリストは十字架に磔られている。腕に卍の印とヒトラーのようなヒゲと尾を持つ旧ナチの突撃隊員が叫んでいる中、背景の小さな図は、十字架で絞首刑にされている、そして男は子供を刺し殺そうとしている。壊れた時計は逆さまに空から落ちる。『藤色の黙示録』は彼のおなじみのモチーフの一つである磔にされているキリストの像を描いている。それは、迫害されたユダヤ民族のための隠喩である。

しかし、この磔は、シャガールが数年前から定住していたニューヨークで描いた中で、最も残忍な作品の一つである。この作品の闇は、第二次世界中の戦争の混乱とユダヤ人迫害、そしてウイルス感染から戦時中の薬の不足のために回復できず死に至ったシャガールの妻であるベラの死に起因していると言われている。シャガールも妻ベラもユダヤ人であったために描かれた作品であり、歴史的に重要な作品であるとされている。

シャガールが死亡した2年後、1985年に、彼の息子、デビッド・マクニールは、この作品をシャガールが死んだ場所の近くに位置する、南フランスの民間コレクターに売却した。それから2009年10月、それはUS $43,000でベン・ウリギャラリーによって購入され、この絵画についての研究がされ、そして2010年1月に初めて公に公開された。

《ライラックの中の黙示録、奇想曲》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:ライラックの中の黙示録、奇想曲
  • 制作年:1945年-1945年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ベンウリギャラリー
  • 種類:水彩画
  • 高さ:50.8cm
  • 横幅:35.56cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部