作品概要

サン=ポールの空と太陽》は、画家のマルク・シャガールによって描かれた作品。制作年は1983年から1983年で、個人蔵に所蔵されている。

73cm×115.5cmの油彩画。1893年ロシア出身のフランスの画家マルク・シャガールによって制作された。個人蔵に所蔵されている。

コート・ダジュールのにある最も古い中世の街の一つである、サン=ポール=ド=ヴァンスの景色とともに、頂上にそびえ立つ教会が描かれている。特に、色使いがとても鮮やかで、バランスのとれた構成となっている。街のその先に広がる青空、大きな光り輝く黄色い太陽、動物、音楽家、空飛ぶ恋人が描かれている。二つの世界を一枚の絵の上で表現することにより、地中海の故郷への愛と、シャガール独特の夢のような空想世界が結び付けられている。

流れるようなスタイル、鮮やかで透明感のある色使いで、シャガールの美の創造に満ちた南フランスが描写されている。豊かな色彩や叙情的雰囲気に溢れた南フランスの風景にシャガールは驚き、花や枝葉の美しさに魅了されていった。これらの印象により、その時代のシャガールの絵の手法が築きあげられていく。彼の絵はより洗練され、光輝が生み出されていった。

シャガールの絵は、空想的であり夢のような構成で描かれており、外の世界において実在する物や、代わり映えのない景色よりも、彼の内的感情が表現されているものとなっている。シャガールの作品自体が象徴的意味やカテゴリー化に反しており、鮮やかな色彩に富んだ創造の産物は、思考力を通してではなく、直感力を通して、分かり得るものとなっている。

《サン=ポールの空と太陽》の基本情報

  • 制作者:マルク・シャガール
  • 作品名:サン=ポールの空と太陽
  • 制作年:1983年-1983年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人蔵
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 高さ:73cm
  • 横幅:115.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部