作品概要

帽子と毛皮の襟をつけた女》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1937年から1937年で、カタルーニャ美術館に所蔵されている。

「帽子と毛皮の襟をつけた女」はシュルレアリスム(超現実主義)の時代の作品であり、1937年にフランス・パリにて制作された。ピカソの愛人マリー・テレーズ・ウォルター(Marie-Thérèse Walter)を描いた作品の一つである。

「帽子と毛皮の襟をつけた女」の制作時期と同じくして、詩人ポール・エリュアール(Paul Éluard)の二番目の妻であるヌッシュ、ピカソの愛人であるドラ・マール(Dora Maar)の肖像画を手掛けていた為、作品のモデルがマリー・テレーズであると特定するのは難しくない。ピカソは、作品の主題を自身の視点より解体し、再構成して描写した。

作品は、マリー・テレーズの正面顔と横顔を融合したうえで歪形(デフォルメ)されて描かれている。正面顔と横顔が融合されている為に右向きにも左向きにも見え、両目は離れ、顎は尖っている。ピカソ独特の歪形(デフォルメ)させる技法により、マリー・テレーズをエロティズムの象徴としている。作品では、マリー・テレーズの若さや魅力、自由な人間性が表現されている。また、ピカソの愛人2人(マリー・テレーズとドラ・マール)の対立に決着がついたことを伝えているともいわれる。現在、「帽子と毛皮の襟をつけた女」はカタルーニャ美術館(スペイン・バルセロナ)にて展示されている。

《帽子と毛皮の襟をつけた女》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:帽子と毛皮の襟をつけた女
  • 制作年:1937年-1937年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:カタルーニャ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:61cm
  • 横幅:50cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部