作品概要

ラス・メニーナス》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1957年から1957年で、ピカソ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「ラス・メニーナス」はキュビズムの時代の作品であり、1957年に制作された。スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケス(Diego Velázquez)の「ラス・メニーナス」(世界三大絵画)が題材となっている。

作品は、ピカソ自身の作品45点、アトリエ「ヴィラ・カリフォルニア」の窓から見える鳩を描いた作品9点、風景とジャクリーンの肖像画3点、計58点にて構成される。ピカソにとって最初の連作であり、全作品揃って現存する唯一の連作である。ベラスケスの作品をピカソなりに解釈したうえで再構築されている。ピカソは独自の表現方法を駆使しながら、自身の画風でベラスケスの作品と同じ人物を描いている。

作品は白黒のみの色使いで構成され、色彩の明暗にて光度を表現している。ピカソはジェーム・サバルテ(Jaime Sabartés)に対して「ベラスケスの作品を忘れて、人物の位置、光の表現方法を変えながら独自の画風で描く。そうすることで、自分自身の作品になる。」と話したといわれる。1968年5月、サバルテが死去した際に、サバルテの死に対して追悼の意を表して、ピカソは全作品58点をピカソ美術館(スペイン・バルセロナ)に寄贈した。

《ラス・メニーナス》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:ラス・メニーナス
  • 制作年:1957年-1957年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ピカソ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:194cm
  • 横幅:260cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部