作品概要

アンヘル・フェルナンデス・デ・ソトの肖像》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1903年から1903年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「アンヘル・フェルナンデス・デ・ソトの肖像」は青の時代の作品であり、1903年に制作された。ピカソの友人であり、若い駆け出し中の画家であるアンヘル・フェルナンデス・デ・ソトを描いている。

バーにてパイプから出る煙草の煙を覆い、アブサン(高アルコール度のリキュール)のグラスが置かれている。フェルナンデス・デ・ソトは飲酒と宴を好み、「amusing wastrel(愉快なろくでなし)」と言われた。ピカソとフェルナンデス・デ・ソトは1899年に出会い、スペイン・バルセロナにて二度もアトリエを共有したといわれる。ピカソは、フェルナンデス・デ・ソトをモデルに数作品を制作している。

なお、フェルナンデス・デ・ソトは、スペイン内乱(1936~39)にて戦死したといわれる。作品は、イギリスのミュージカル作曲家であるアンドルー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)氏が所有していた。

2010年6月23日、アンドルー・ロイド・ウェバー氏は、チャリティー・オークションに「アンヘル・フェルナンデス・デ・ソトの肖像」を出品すると発表した。オークションは6月23日にロンドンで開催され、推定落札価格は3000~4000万ポンドと予測された。落札者の個人情報は開示されていないが、落札価格は3470万ポンドであった。

《アンヘル・フェルナンデス・デ・ソトの肖像》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:アンヘル・フェルナンデス・デ・ソトの肖像
  • 制作年:1903年-1903年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:70.3cm
  • 横幅:55.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部