作品概要

自画像(1669年)》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1669年から1669年で、ナショナル・ギャラリー (ロンドン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『自画像(63歳)』(英語名:Self Portrait at the Age of 63)はレンブラントによって1669年頃描かれた油絵作品である。この作品は63歳で逝去した画家の最晩年に描かれたもので、彼の人生最後の作品でもある。

彼は1669年の10月4日に死に、アムステルダムの西教会に二人の妻、息子と共に埋葬された。レンブラントは17世紀の他のどの画家よりも多く自画像を残したが、ナショナル・ギャラリーはそのうち当作品を含めた2作品(30年間離れ離れになっていたもの)を所蔵している。画面の中で画家は深い赤のコートとベレーを身につけ、両手を体の前で握りしめている。鑑賞者は彼の視線をまっすぐに受けるだろう。

レンブラントは生涯を通して油絵やエッチングで自画像を描き続け、それらはいずれも特別な衣装や作り込まれた雰囲気で飾られてきたが、年老いるにつれて幻想的な設定から逸脱していき、特に晩年に取り組まれたものはより彼の人生と感情の起伏をありありと映し出しており、見る者の心により強く訴えるようなものになっている。この作品は1967年に洗浄され、損傷していた著名部分と日付が蘇ることとなった。

X線検査からは、当初はベレー帽が大きく真っ白だったこと、両手の位置は当初はゆったりと開き、片手に絵筆を握っていたことを明らかになった。画家と絵筆という組み合わせがもたらすドラマチックな効果を取り除き、両手を握らせたことで、鑑賞者の注目は画家の顔へと誘われる。

《自画像(1669年)》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:自画像(1669年)
  • 制作年:1669年-1669年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ナショナル・ギャラリー (ロンドン)
  • 種類:油絵
  • 高さ:86cm
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部